五十路のおひとりさま✨

気ままなシングルライフ& 宅録等々に取り組む日々顛末記♪

宅録ナレーターになるには?

 (1) 宅録ナレーターになるには? 

f:id:kan201803:20210206082154j:plain

宅録ナレーターになる為に求められること、それは

 ①自分自身で音声収録できる環境を備えていて

②自分自身で音声収録ができ

③自分自身で収録した音声データを納品できる

 以前にもお話した通り、この①②③が可能であることです。

 

これについて、詳しくお話していこうと思いますが、

いったん、音質などのクオリティについては置いておきますね。

 

まあ、YouTube動画、LINE系のものなどを、よくご覧になる方は知ってらっしゃるかと思いますが、音声がなく画面だけでも、内容を理解することはできますし、素人っぽさが求めらることもあったり等々……

 

何が言いたいのかというと、

一般的な声優、ナレーターとしてのクオリティだけが求められているだけではない

という現状があるということ……❕❕

 

なので、しっかり稼げるかどうかは別の問題として……

興味のある方は、まずはやってみれば良い、ということです♪

 

 

(2) 宅録ナレーターの仕事をするには?

 

ではここで、実際に

・お仕事をGetするために何をすべきか?
を先にお話ししますね。

 

いろいろなルートもあるのでしょうが、以下は、自分自身経験のあるクラウドワークスさんの場合についてのお話になります。

 

おおまかな流れとしては、こんな感じす。

①クラウドワークスに登録

②プロフィールを作成

③案件に応募

④契約

⑤作業(音声収録)

⑥納品(音声データの送付)

⑦検収(クライアントさんによる納品物確認)

⑧報酬の支払い

 

これに加えて、「宅録ナレーター」のお仕事というのであれば、当然、自分のボイスサンプル(音声サンプルとも言います)が必要です。

これは、③案件に応募 の際に提出することになるのが殆どです。

 

なかには、

ポートフォリオ(正直よく解らん……(^-^; )のURLとか

過去の作品(実際に仕事したもの)のURLとか

そういったものを必ず添付、という指示もあったりしますが……

 

これはもう要するに

『宅録ナレーターとしてもかなりの実績のある人のみ募集です』

ということに外なりません。

 

ですので、ここではそれ以外

・自分の音声サンプルをファイル添付する

という場合を想定したお話をしていきます。

 

この自分の音声データのファイル添付ができることは必至とも言えるかな?

安価であるとは言え、先方はお金を払っての依頼となるのですから……

 

それでも、安価であることは否めません(^-^;

 

本当にやりたい人だけがやっていることになるのでしょうが、実際に声優・ナレーターはやりたい人に対して、間口が非常に狭いとは、よく聞く話……

 

とまあ、そうしたことはさておき、兎に角

音声サンプルは必要であり重要

ということは確かです。

 

ということで、次回は

・実際に音声サンプル、ボイスサンプルを作成すること

について詳しくお話していきたいと思います。

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございます(*^_^*)

<