『宅録ナレーター』始めました✨

宅録に取り組む日々顛末記。楽しんでいただければ幸いです♪

宅録ナレーターとは?

今回は前回ちと触れました『宅録ナレーター』についてのお話です。

 

ご存知の方は

「ああ、それね!」

とピンと来ることでしょうが、そうでない方には

「たくろくなれーたー? 何それ?」

 

そう、一体全体何のことやら? という状態かと……

 

とは言うものの、最近では副業紹介の番組で取り上げられたり、ということもあるようですので、それなりに認知度は上がっているのかもしれませんね♬

 

あくまで、自分の知る範囲とそこからの推察になりますが、ご紹介していきますね🎵

 

 

『宅録ナレーターとは?』

 

(1) 宅録ナレーターとは何ぞや?

 

これはもう、読んで字の如し。

 

宅⇒自宅

録⇒録音または収録

 

そう、自宅で音声を録音するナレーターさんのことです。

 

具体的には、

①自分自身で音声収録できる環境を備えていて

自分自身で音声収録ができ

自分自身で収録した音声データを納品できる

 こうしたことが可能である声優さん、ナレーターさん、というところでしょうか。

   

『宅録声優』という方も多くいらっしゃるようですが、特に明確な区分はされていないようですね。

まあ、もとも声優さんが、ナレーションをすることも有る訳ですから、名乗っている方の意識の表れでもあるのでしょう。

 

 

(2) 宅録ナレーターってどんな人?

 

これはもう、先ほどの①②③を網羅できる人ということになります。

つまり、

・自宅で音声収録ができ、それをデータとして納品できる

というのであれば、誰でも『宅録ナレーター』になることができます!

 

ただし、あくまで自称です!

そう、お仕事があるかどうか、稼ぎに繋がるかどうかはさておき……ということです。

 

実際、趣味でYouTubeに投降している方も多くいらっしゃるようですよね🎶

 

 

自分がわかるのは、クラウドワークスさんとか、ランサーズさん、ココナラさんあたりに情報をアップしている方になりますが……

 

おそらく現役プロ声優であろう方から、元アナウンサー、元劇団員、「バンドやってました」または「やってます」いった方、ただ好きで始めたのであろうなぁ、という方まで実にさまざまです。

 

「バリバリ!」と言っていいくらいのプロの方から、副業として、或いは、趣味の延長線上としてやっている、という方まで非常に幅広い、ということは言えそうです。

 

 

(3) 宅録ナレーターの現状と背景

 

宅録ナレーターの存在は、じわじわと増えているようなのですが……

その背景に、PCやネット環境等々の発達が大きく関わっているであろうことは、無視できないのではないかと思います。

 

とはいえ、いくら個人的に収録環境を整えられるとしても、その環境は、ホンモノのスタジオ、プロのミキサーさん等々には及ぶべくもないでしょう。

 

「そんなことはない! 個人でもプロ並みの収録環境を整えている」

という方も、勿論いらっしゃるでしょう。

 

ですが、現実的に、主に費用と住環境という面から、多くの宅録ナレーターさんは、そこまでの環境を求めることは難しい。

それでも、かなり良い状態、環境を得ることは可能になった……

 

そして同時に、

音声データの送受信が可能な環境となっていること

が、その背景にあります。

 

ひと昔前では、考えられなかったことですが、

まったく劣化することなく瞬時に音声データのやり取りが可能

今は、そんな時代となっているのです。

 

ごくごく簡単に言うと、

音声録音とそれをデータとしてやり取りすることが簡単になった

というところでしょうか。

 

そして、お仕事ということでは

趣味程度の副業からがっちり収入を得ている方まで幅広い

ということになるのでしょう。

 

そして背景として無視できないことのもうひとつ

YouTube動画の増加

実は、こちらも大きな要因のようです。

 

 

長くなってしまいましたなので、続きは次回にしますね♬

f:id:kan201803:20210130090424j:plain

こちらご近所にあります『パンの田島』さん🎶

レトロな店内が何ともノスタルジックで良い感じです✨

 

お読みいただき、ありがとうございました。

<