五十路のおひとりさま♪

おひとりさまの日々顛末記になります。楽しんでいただければ幸いです♪

我が家ににゃんこがやって来た!

9月も終わりに近い、残暑厳しい、ある日のこと……

 

我が家ににゃんこがやって来ました!

f:id:kan201803:20191004021030j:plain

『ぷちゃ』或いは『ちゃこ』乃至『ちゃーちゃん』です🎶

 

しばしの間ではありましょうが、我が家の一員に加わることとなりました❕❕

と言うのも、末っ子独立と同時に引っ越し予定ですので……

 

なので、まあ、末っ子に続く、新たな居候、という感じでしょうか……(^^♪


 

さて、この『ちゃこ』の居候。

もともとの予定通り、と言えば、それまでなのですが……

 

実は、急遽父親(旦那)のところから、我が家へ引き取ることと相成ったのです。

 

いえいえ、ことの始まり、住居探しをすることになったのも、

「就活するので、一年間頼む」

と言ってきた末っ子が、東北の赴任先で、一番の若輩ものであったことから、当時の現場に現れた「ねこ」の世話係のような立場であったという……

 

 

建設業に携わったことのある方なら、現場の環境などといったことは想像しやすいかもしれません。要は、一時的生活共同体として日々過ごすことになる訳です。

 

泊まり込みではないので、昼間だけのことになるのですが……

 

昼間は、現場事務所にいる「にゃんこ」ですが、夜はどうする……?

 

ということになった際、「おまえ連れて帰れ」と云われるのは、どうしても一番歳若いところになるのは、まあ致し方のないことでしょう。

 

そんなこんなで、しばらく、その「ねこ」と共に、出勤帰宅をしていたのを、退社の際、そのまま実家に連れ帰ったという次第。

 

末っ子が自分と生活するに至った件については、既にお話した通りです。

よろしければ、こちら↓↓ から……🎶

www.kanta2019.work

 

 

 

さて、その「ねこ」なのですが、先年にもともと我が家にいたねこ「カン」が亡くなっていたこともあって、父親が世話をするようなことを言い出したのです……!?

 

 

――あー、また始まった……!

 

 

後先考えず、なんとなく「可愛いから」「寂しくないから」というところからの安請け合い。

 

そもそもトイレの世話だってできるのか危い……

 

亡くなったねこを飼っていた当時は、自分も子どももいましたので、分担して世話をしていたのです。やがて、その後子どもたちも独立し、自分も別居した後は、一応ご飯とトイレの世話はしていた様子。

 

ただ、時折、実家にいく子ども、そして自分がトイレの掃除諸々を、かなり負担していたことは否めません……

 

 

――分かってるのかしらん……???

 

周囲の心配を余所に、何だかいそいそとした様子で、末っ子が連れてきた「ねこ」を可愛がっていたのです。

 

 

ところが先日、父親のところへ行っていた末っ子が

「ベランダ伝いに隣に行っているらしい」

 

――え? 何ですって?

 

「しかも、隣で『そそう』したみたい」

 

 

聞いた話では、どうやってか手すりに上って、そのままお隣に行ってしまったようなのです。それも、1回や2回ではないという……!!

 

「とりあえず、菓子折り持って、誤りには行ったらしい」

 

――ふむふむ……

 

「でも、何もしてねー」

 

――おいおい、ちょっと待て……!

 

 

「え? 窓は閉めてないの?」

「あけっぱ。トイレ外(ベランダ)だから」

「え? トイレ中に入れれば良いじゃん?」

「だろ?」

 

今どきのネコちゃんトイレは、相当に性能もよくなっていて、殆ど匂わないようになっていると聞きます。現に友人など、自分の部屋、自分のベッドのあるお部屋に、ネコちゃんのおトイレも置いているのだそうですし……

 

「臭いから、入れられないんだって……」

「じゃあ、ベランダになんか、通れないようにしたりとか?」

「それが、『できねー』って言って、なんもしてない」

 

――あーもう、本当に……!

 

「隣と気まずいって言ってた」

「そんなん、あったりまえでしょうが!」

 

結果的に、家の中でリードに繋いでいる、というのです……❕❕

 

 

呆れてものが言えない、ところですが、相変らずさ加減に呆れさせられました……

 

思えば、こうしたことを、すべて自分が、対応してきてしまったことが、結果的には良くなかったのでしょうか……  

 

――いや、しかし、この性格が変わるとも思えん。

 

結婚後すぐの段階から、少しずつ話合ったりすれば、また違っていたのかな? 

とも思うのですが……

 

――話にもならなかったしなぁ……

 

そう言えば、途中で諦めて、何ごとも自分ひとりで、さっさと片付けるようになってしまったように思います。

そもそも、そんな相手を選んだのが自分なのですから、まあ仕方のないことです(笑)

 

 

とまあ、そんなことなんで、いまならこちらへ連れてきても、文句は言うまい! ということになり、先日末っ子とふたりで、にゃんこのお引越しをしましたよ🎶

 

 

さて、決行日当日。

まずは、末っ子が先発隊で、父親(旦那)の不在を確認。

 

平日ですからね、流石に仕事には出ているようです。

 

お昼ごろ自分到着。

先発した末っ子が、ネコトイレの掃除を済ませておりました。

 

繋がれていたところを開放したせいか、ひとしきり家の中を駆け回っていた様子。

 

「なんか、はしゃいでるんだよ」とは末っ子談ですが、それはそうでしょうとも……

 

その後もかなりの間、ひとり運動会をしていたのですが、どうやら落ち着いてきたのか、移動前に、おトイレを済ませてくれたのは助かりました。

 

 

にゃんこを移動用バッグに入れ、ネコトイレをでかい袋に入れ、当日分の餌とトイレの砂以外は、段箱に詰めて宅配に……

 

移動時間は、電車を乗り継いで、1時間弱くらいでしょうか。思いの外大人しくしてくれていたのには、ホッと一安心。

 

ともかくも無事に我が家にやってまいりました……🎶

 

 

思っていたほどの興奮状態にもならず、一通り家の中(狭いけどね(笑))を探検し終えたところで、気に入ったらしい場所でお昼寝……💤

f:id:kan201803:20191004022004j:plain

 ネコトイレはお家の中に設置。そして「ベランダには出さない」ということが、末っ子との話し合いで決定事項となりました。

 

こちらは、『爪とぎの場』として認定されたらしい、キッチンマット……❕

f:id:kan201803:20191004022110j:plain

 ご覧の通り、既にボロボロ(笑)

まあ、もともとが『300円均』のものなので、善しとするか! ということで(笑)

 

 

しかし、何だか……やたら外に出たがる……

 

知人は「時々お散歩をさせてあげる」のだそうです。基本キャリー入れて自転車に乗せて移動。お散歩スポットでは、リードをつないで歩かせてあげているとのこと……

 

いずれ検討することになるのかな、と今のところは思案中です🎶

 

 

全然関係ないのですが、こちら『餃子アイス』!?

f:id:kan201803:20191004023558j:plain

一昨日くらいかな? 渋谷の餃子屋さん……

『肉汁餃子製作所 ダンダン酒場』さんでご飯を食べたときのもの。

 

「餃子アイス、って何だろ?」という好奇心が勝ってのオーダー(^^♪

バニラアイスに添えられているのは、餃子の皮せんべい。

そしてバニラアイスには「秘密のソース」がかかっているのだそう🎶

 

意外な組み合わせですが、なかなかに美味! でした✨

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)

<