五十路のおひとりさま♪

おひとりさまの日々顛末記になります。楽しんでいただければ幸いです♪

これは土産だな……!

さてさて、待望のお給料日となりました✨

 

今月は15日が土曜のため、一日前倒しで、本日14日が支給日なのです!

いえいえ、もう本当に有難い❣

 

――それにしても、この日の待ち遠しかったこと!(笑)

 

この後、銀行に行って、その後また、夜勤に備えて寝る予定。給料日前の厳しさに、なかなかこちらの更新もままならず? 言い訳です、はい(笑)

 

 

お給料日前日となる昨日の夕食は、末っ子のお土産の『お蕎麦』で凌ぎました🎶

 

末っ子に感謝です‼

が、そもそも、このお土産、突然末っ子が行方不明になったことが原因と言いますか……

 

 

ある朝、夜勤明けで帰宅したところ、家は、もぬけの殻状態……???

 

――どこか行くって言ってたっけ?

 

 

まあ、小さい子ではない(27歳男子です(笑))ので、外出自体は、別段慌てるようなことではありません。が、こちらへ居候が始まってからは、一応帰らないときは連絡をくれておりました。

 

――うーん、まあ連絡のないこともあろうなぁ……

 

そのうち帰ってくるだろう、と、あまり気にしてもいなかったのです。

 

 

ところが、その日の出勤前、要するに夜になっても、帰って来ないではありませんか……?

 

呑み会にしろ、父親(旦那)のところに泊るにしろ、これまでは都度連絡がありましたし、ともかくも翌日には、帰宅するか連絡があったのです。

 

勿論、良い歳の大人ですし(2回目(笑))、「いちいち連絡なんかないでしょ?」というご意見も、ご尤もです。

 

もともと、家を出て、ひとり暮らしだった訳ですし、別段干渉するつもりはありません。

ただ、いまに限っては、退職直後、再就職活動中、母である自分の家に居候中、という状態なのです。

 

一部家賃負担をしているようなものですので、正しくは、居候というのでもないのですが、まぁ多少、肩身の狭い思いではいる様子……  それでも、

 

――帰りが遅くなってるだけなのかな……?

 

明日の朝には帰ってるだろう、と思いつつ出勤。

ところが翌朝帰宅したところ、まだ帰っていない……?

 

 

――これは、……流石にヤバい?

 

 

とりあえず、家族LINEで、兄たちに尋ねてみました。

 

「何か聞いたりしてる?」

 

ややあって、長男から

「帰ってないんか?」

 

「一昨日の夜からいない」

 

「何か分かったら連絡する」

 

その後次男からも、「了解」の返事が……

 

 

その夜も帰宅をみないまま、夜勤へと向かいました。

「大丈夫だろう」という気持ちと、「もしかしたら何かあったのかも?」という気持ちが相反したまま、翌朝を迎えましたが、未だ帰宅せず。

と、そこへ

「ひとり旅中」との末っ子からのラインが……!

 

「ひとこと言って!」ヽ(`Д´)ノ

 

腹も立ちましたが、安堵の方が大きかったかな?

 

それというのも、夜中に突然思い立って、ひとり旅に出たという、末っ子の気持ちも解らないではないからですよ。

 

兄たちも同じだったのでしょう。

 末っ子と自分とのラインのやりとりを確認した長男からの

 

「これは土産だな」に続いて、

「だな」との一言が、次男からも……

 

 勿論、ホッとしたぞ、という代わりの冗談なのですが、末っ子も流石に思うところがあったのか、お蕎麦をお土産に買ってきたという次第。

 

後で聞いたところでは、

「渋温泉に行ってた」のだそう。

 

何にせよ、お蕎麦はとても美味だったので、まあ良しとしましょう(^^♪  

f:id:kan201803:20190614092040j:plain

ところで、その兄たちへのお土産、未だ我が家にあるのだけれど……???

 

我が家の分に関して言えば

四人前中の三人前が、昨夜末っ子のお腹の中へ(笑)

 

 

お読みいただき、ありがとうございました✨

<