五十路のおひとりさま♪

おひとりさまの日々顛末記になります。楽しんでいただければ幸いです♪

お蕎麦よお蕎麦……!

おはようございます✨

例によって夜勤明けです。ちょっとテンション、変です……!(笑)

 

いよいよ? 突入しましたね。10連休!

 

といったところで、自分には何も関係ありません~

いつもの如く、働く&働く日々です(笑)

 

そう言えば、金融機関も軒並み10連休なのだとか……

 

どこぞのATMでは、現金が引き出され過ぎて、現金が枯渇? する事態に⁉

そして、元号が変わったりと、何やら満載感のある連休ですが……

 

まぁ、無事平穏な日々であればいいなぁ……と思うばかりです(^^♪

 

 

さて、旅の続きです。

 

お目当ての出雲大社も満喫したところで、次なる目的地『いずも縁結び温泉ゆらり』へと向かうべく、再び一畑電車に……

 

と、その前に

 

――お昼にしよう🎶

 

と思い立ち、出雲大社を出た辺り、先ほど……『稲佐の浜』へ向かう前に目を付けておいた、お蕎麦やさんへ向かいました。 ところが……

 

――え? あらあら……!

 

折しも丁度お昼時、そして団体客御一行様のバスが、何台も到着している模様。大体からして、出雲大社内も先刻とは比べ物にならないほど、わんさか人が歩いています。

 

はい、それはもう、どこのお店も満員御礼、待ち時間が30分ほど……

 

さっきまでは、いつでもどうぞ♪ 状態だったのですが、考えてみれば至極当然のことですよね(笑)

 

――さっき、食べとくんだった……‼

 

その点だけは、すごーく後悔しました(笑)

列車の時間もありますし、とりあえずお昼は先送りです。

 

 

『稲佐の浜』までの往復で、思いの外、汗にもなったので、日帰り入浴OKの温泉で、とりあえず汗を流すことにしました。

 

一畑電車に揺られ、雲州平田駅まで移動します。

 

こちら雲州平田駅🚃

f:id:kan201803:20190427074102j:plain

鉄道ファンの方なら、よくご存知のことなのでしょう。

一畑電車は、『バタデン』の愛称で親しまれ、こちらの駅は、映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』のロケ地としても知られているようです。

 

映画の中では、こちらの駅の車庫やホームが頻繁に登場しているそうなのですが……、確かに、何とも味わい深い佇まいです……✨

f:id:kan201803:20190427073836j:plain


 晴れ上がった青空のもと、目的地まで、ぶらぶらと歩きます。

  

もともと、歩くことは嫌いではありませんし、長時間歩くこともそれほど苦にはなりません。

 

――いまのところは、ですけれどね(^^♪ 

 

 

いえ、そう言えば、この旅のあと、謎の筋肉痛に襲われたことを思い出しました……!

それも、随分と経過した、忘れた頃……‼

 

 

突如、訪れた、全身を襲う謎の鈍痛と、謎の身体の重さに、

 

――ひょっとして、何か悪い病気なのでは……?

 

とか何とか、珍しく深刻に考え込んでおりました。が、日が経つにつれ、薄らいでいく痛み、そして明らかな筋肉痛として自覚できるに至ったという……(笑)

 

それにしたって、1日とか2日とかではなく、1週間もしてから症状が出るとは……

年は取りたくないものです(笑)

 

 

 

目的地への道中に

『水木しげるロード』なるものがあったように思うのですが……

残念ながら、あまり定かではありあません(笑)  水木先生ごめんなさい!

 

古い町並みやら、いろいろが目新しく、そちらに気を取られていたように思います。

それでなくとも、知らない街を歩くのって面白い?楽しい? 興味深い、と言えばピッタリ来るのかな? 

とにかく、楽しい、いや面白い(どっちやねん!)ものです……✨

 

休日には観光客でいっぱいなのだろうな~、というような、商店街を通り抜け、目的地に到着。

 

『いずも縁結び温泉ゆらり』

 

こちらは、所謂スーパー銭湯。平日の真昼間ということもあって、お客様もまばら……、という訳で……

 

――はい、ほぼ貸切り状態です……🎶

 

次は松江市内観光、を考えておりましたので、汗を流してさっさと移動するつもりだったのですが……

 

例の如く、ここへの到着までにも、あっちへふらふら、こっちへふらふら。思いの外時間を費やしてしまったようでして、加えて、温泉が気持ち良過ぎて(日本に生まれて良かった~✨) なかなか出立するに至りません(笑)

 

 

そんなこんなで松江に到着した頃には、もう既に、夕暮れが迫っておりました……!

 

観光する間もなく(残念!)夕日鑑賞に最適! とガイドブックで見た、島根県立美術館へと向かうことにしました。

 

見上げれば、青く、高く、晴れ上がった空が広がっています。

夕日鑑賞への期待が膨らみます……

f:id:kan201803:20190427074553j:plain

島根県立美術館のお庭にいる、うさぎたち(^^♪

<