五十路のおひとりさま♪

おひとりさまの日々顛末記になります。楽しんでいただければ幸いです♪

出雲大社~稲佐の浜✨  

降ってわいた3日間のお休み。

そこで思い立っての、『サンライズ出雲』利用の初ひとり旅。

 

横浜を出発した『サンライズ出雲』は、翌朝、無事に出雲駅に到着。

さて、まずは改札を出て、緑の窓口を探します。

 

ありましたよ、すぐお隣……くらいの感覚の場所に(^^♪

 

「松江から横浜、サンライズ出雲。今日空いてますか?」

 

 

 

まさにこれが! ……というような秋晴れの早朝のこと。

文字通り、雲一つない青空が広がっております。

 

宍道湖での夕日鑑賞に、持って来いの日、というより外ありません✨

 

 

という次第で、まずは、帰路の確保です。

 

――なかったら、諦めて、名古屋(実家)で一泊しよう!

 

何を諦める、って、それは、宍道湖畔での夕日鑑賞です……✨

期待半分、諦め半分、というところで待つことしばし……

 

「おひとりでいいですか?」

 

――おお! 来た来た🎶

 

「はい!」

「ソロで、いいですか?」

「はい!」

 

 

「ソロだと、ちょっと狭くない?」

とは、後になって、鉄道好きの友人から聞いたこと。

 

まぁ、実際のところ、往路のシングルに比べ、確かに狭くはありました。

が、この際、確保できればそれでよし‼

 

どのみち、今日の夜は、疲れて寝るだけ! になってしまうでしょうし……

 

かくして、宍道湖夕日鑑賞が可能になりました✨

 

 

というところで、出雲大へと向かいます。

 

……と  ここでもやらかしたのが、≪数少ない列車を逃す≫事態(笑)

 

JR出雲駅を出て、右手(だったと思う)側に『一畑電鉄』の駅舎が。

今度は、これに乗って、出雲大社まで移動です。 

f:id:kan201803:20190423005602j:plain

おそらく、JRの列車と、時間的には連携しているのでしょう。

サンライズ到着、乗換のための移動時間少々、その後出発。という順調な行程となるよう時刻が設定されているようです。

 

このときも何を思ったのか、何をしていたのか、今となってはまったく覚えていないのですが、とにかく1本逃した記憶が……(笑)

 

というところで、特に困ることもありません。

のんびりと、次の列車で、出雲大社ヘ向かいます。

 

f:id:kan201803:20190423005533j:plain

特段パワースポット好きとか、神社仏閣信仰……、のようなものもなかったのですが、出雲大社は流石に圧巻でした……!

f:id:kan201803:20190423005953j:plain

これでも、人が少ない方!

f:id:kan201803:20190423005738j:plain

f:id:kan201803:20190423005752j:plain

f:id:kan201803:20190423005848j:plain

夜行列車で到着してすぐの時間帯は、団体観光客もまだ到着していないため、人も少なく、ゆっくりと、こころゆくまで堪能できます🎶

 

ほぼ2周(何故?(笑))回って、それでもまだ11時にならないくらいの時刻だったでしょうか。

 

――お蕎麦を食べようかな?

 

迷ったのですが、流石に時間が早すぎる。せっかくだからと、徒歩20分ほどのところにある景勝地『稲佐の浜』まで足を延ばすことにしました。

 

――お蕎麦は、その後でいっかな?

 

 

夕刻までに宍道湖湖畔に行く以外、予定は決まっていませんので、……まぁ、それまでは、気の向くままに自由行動です(^^♪

 

20分とはいえ、知らない道ということもあって、ちょっと長く感じましたが、

歩き着いた先に広がっていたのは、何とも美しい光景でした✨

f:id:kan201803:20190423010214j:plain

武甕槌神が大国主大神と国譲りの交渉をしたと言い伝えられる屏風岩

青い空、青い海が、とにかくキレイ……✨

 

ひとしきり鑑賞したところで、一旦出雲大社に戻って、再度『一畑鉄道』の旅。次は、日帰りOKの温泉地へと向かいます……🎶

 

<