五十路のおひとりさま♪

おひとりさまの日々顛末記になります。楽しんでいただければ幸いです♪

絶景かな、絶景なり……✨

突如思い立っての、山陰出雲への『ひとり旅』🎶

 

横浜駅、22時過ぎの、会社帰りのひとも、まばらな時間帯。

ともあれ、出雲行きの寝台特急『サンライズ出雲』に乗車です。

 

――確か、8号車あたりだったと思うのですが……

 

既に、記憶もおぼろです(笑)

 

ドアを開け、2階席への階段を上がります。

……多分、上がったのだと思う(笑)

 

 

どうしたって、ある程度は狭い階段、ってことにはなります。が、其処は其れ、5年近く前ですからね。 

 

何しろ、まだ若かった❕(笑)

狭い階段の昇り降りなど、さして苦にもなりません。 

 

 

ともあれ、思ったより設備の整った、車内に感激しつつ、とっぷり暮れた夜の街を、ひたすら走る鉄道の旅を満喫です……💖

 

横浜を出てしばらくは、街中感を免れないのですが、東海道を下る列車は、やがて小田原から静岡へ。

この辺りまで来ると、流石に景色が変わります。

 

はい、前回もちょっと触れたのですが、実家が名古屋にある関係で、東海道新幹線の上り下りは、結構な経験者♬ 

と言っても、『新横浜』から『名古屋』間のみですけれど(笑)

 

 

でもって、今回は寝台特急❣ そして、今は真夜中です。

はい、通り過ぎる街々は、既に闇の中……

 

それでも、山や海の存在は、十分に感じられます。

 

そして、極めつけは、半ドーム型になった車窓から望む、星空……✨

 

とにかく、お天気の良い日でしたので、夜空もしっかりと晴れ上がっておりまして、しばらくは寝転がったり座ったりしながら、眺めを楽しみます🎶

 

お弁当を食べたり、お好きな方ならお酒を召しながら……、になるのでしょうが、残念ながら下戸(笑) 乗車前に購入したコーヒーを飲み、おやつをつまみます。

 

ちなみに、カフェインには滅法強く、コーヒーを飲んで眠れなくなる……類の経験はまったくなし。

 

――正直、カフェインへの耐久性は要らん……❕

 

それよりも

 

――アルコールへの耐久性が欲しかった……❕❕

 

 

ついでながら、自分の父は相当の酒飲み、母は殆ど飲めず…… 自分は母の遺伝子を継いだ訳です。さらに、ついでながら自分の弟は、父親の遺伝子を継いだのでしょう。めちゃくちゃ強い……らしいです。ちと羨ましい……

 

まぁ、逆よりは良いのかもしれません(笑)

 

 

そんなこんなで、興奮気味の夜も更け、何時しか丑三つ時……

 

――ちょっとは寝ておかなくちゃ……!

 

と横になってはみたものの…… 

 

――やっぱり、……なんか勿体ない~!

 

なかなか素直には眠れません。尤も、それも、日頃夜勤のために、体内時計がおかしくなっているのでしょう。それにしても

 

――寝ておかないと、明日が大変よね……

 

と思ったのですが、しばらくしましたら、しらじらと明けて来ましたよ✨

 

体験上、2日までは仮眠程度でもイケる❕ ことは分かっていますので、

 

――3日目になると、しっかり寝ないとヤバいです‼

 

 

諦めて? ごそごそと起き出しました(笑)

 

折しも列車は、岡山を過ぎた辺り。

あの西村京太郎さんが、ここから先、「岡山から日本海側へ抜ける旅路は絶景続き」と仰っているのです!

 

 これを見逃すことなど、できません🎶 

f:id:kan201803:20190420135455j:plain

山頂に雲がかかり、雲間から朝日が……

 

f:id:kan201803:20190420135646j:plain

f:id:kan201803:20190420135716j:plain

f:id:kan201803:20190420135740j:plain

f:id:kan201803:20190420135837j:plain

f:id:kan201803:20190420135902j:plain

確かに、今までに見たこともないような風景が広がっておりました。

 

いたく感激した記憶は、いまもしっかりと残っています。願わくは、こうした記憶は、新たな記憶が投入されても、いつまでも押し出されないでいて欲しい(笑)

f:id:kan201803:20190420140026j:plain

こちらは宍道湖。沈む夕日の美しさで知られているそうです。

が、こちらは早朝の宍道湖です(笑)

 

勿論、是が非でも、夕日を見たくなってしまいましたとも……🎶 

<