五十路のおひとりさま♪

おひとりさまの日々顛末記になります。楽しんでいただければ幸いです♪

お客様は私です……!

 

リミット迫る中、偶然にも、希望に適う物件を発見。

早速担当者にコンタクトを取ることに……

 

若いながら、「やり手」感を漂わせる、不動産業者の件の物件担当という男性。

その声が、少し怪訝そうな含みを持ちつつ、

 

「ご購入されるのは、……お客様で?」

 

オブラートに包まれてはいるものの

『あなたが買い手じゃないですよね?』というニュアンスが十二分に伝わってきます。

 

――残念! 購入者本人です……!

 

これまでの、乏しいながらも幾つかの経験から学んだこと。それは

 

『五十路女性、パート勤務、 これ即ち、ローンなど論外』

 

ということで、先手を打つべく

「はい、そうです。お支払いは、『一括!』を考えています!」 と宣言……❕❕

 

一瞬の間の後、

 

――その間、先方が空気を呑んだ様子が感じられました。一応、商売にはなりそうだ、と考えを転換させた模様。こういうのって、電話越しでも案外伝わるものですね(笑)

 

「そうですか。どうします? 物件ご覧になりますか?」

 

またしても、元の軽やかな口調が聞こえてきました。

 

こういうところの切り替えの早さは、流石、営業職……⁉

などと、妙なところに感心しつつ

 

「はい、お願いします」

 

まずは、とりあえず、お客様として認識されたらしいことに、一安心。

 

 

さっそく、明日10時に自由が丘駅で、との約束を取りつけたのですが……

 

――うーん、どうやっても、100万ほどキツイ……

 

なくはない、のです。が、自分の預貯金を、0円まで投入したのでは、引っ越し費用もなくなってしまう……  

 

――100万程、値下げ交渉できればなぁ……!

 

と、それはいま考えても、どうしようもないこと。

 

――いざとなったら、逆親子銀行という手もあるさ……♪

 

 

今回の発端となった、1年間就活、その間同居予定の末っ子。

家族会議(母(自分)、長男、次男、三男の4人)の際にも、冗談半分に

 

「そうだ、おまえ(末っ子)が、ローン組め」

 

と、兄たちから言われておりました。当の本人も

 

「オレも、それ考えたよ」

 

不甲斐ない親に反して、何て、しっかりした子どもたち( ;∀;) 

――親バカですみません!(笑)

 

 

末っ子が勤めていますのは(まだ辞職前)、中堅の建設会社。

 

建設関係のお仕事に携わっている方は、ご存知でしょうが、また自分も、たまたまOL時代、建設会社にいたことで、よく解るのですが……

 

建設会社の外勤の場合、土日などあってなきが如し、ですし、平日も早朝から深夜までの勤務となることが殆ど……   

 

まあ、その現場の状況にもよりますが、労働基準法など、どこ吹く風、有給消化など、およそ、異世界のお話です。 いまは、いろいろ言われて改善(?)されていたりもするのでしょうか? 

 

とにかく、そんな次第で、単純に年収だけなら、兄たちよりあるようですし、結果として、それなりに蓄えもある訳です。

だって、何しろ、お金使うヒマがないのですから……

 

 

まあ、そんなこんなは、さておき

「ありがとう。でも、それは、いいよ」

 

丁重にお断りしました。 流石に、それは……

まあ、親としてのメンツもありますし……  

尤も、そもそも、そんなもの存在しているのが疑問ではありますが(笑)

 

勿論、気持ちだけは有難く頂戴しました。 と同時に、こうも思ったのです。

 

――そこまでしても、父親(旦那)のとこに、居たくないのか……

 

 

今日できることは、ここまで。

迫りくる夜勤に備えて、早々に寝ることにしました。

 

ときに13時45分……

 

――3時間ちょっと、かぁ……

 

17時には起きなくてはなりません。まあ、何とかなるでしょ!

 

 

 

 

今朝、夜勤明けの帰宅途中、ご近所のお庭の桜🌸

f:id:kan201803:20190411080813j:plain

晴れ上がった空に、朝日を受けて、キラキラ輝いておりました✨

 

 

<