五十路のおひとりさま♪

おひとりさまの日々顛末記になります。楽しんでいただければ幸いです♪

五十路状女性の住宅購入

数年前から、ひとり暮らしを始めたのですが、突然の転居を迫られる事態となりました。

 

これが、1月半ばのこと……

前年12月に更新を終えたばかりというのに……

 

ざっくりとした理由としては、一旦は巣立っていった末っ子(27歳男子)が「公務員に転職するので一年程、飼い猫とともに実家に戻りたい」と告げてきたこと。

 

 

もともとは、首都圏郊外、最寄り駅徒歩1分半のマンションに家族5人……

いえ、この住居に入る頃、就職した長男を除く、家族4人で暮らしていたのですが、それぞれ順に就職、それと同時にひとり暮らしを始めた次第。

 

末っ子が家を出ると同時に、自分も結婚生活を卒業すべく試行錯誤していたところ、同じ職場にいた女性、バツ2、シングルでふたりの子育て経験者の

「月20万くらい稼げるなら、ひとりでやって行けんじゃないの?」

との一声で、ひとり暮らしを決断。

 

その1ヶ月後には、いまの住居に移りました。

 

そう言えば、それを切欠となった一声の彼女に報告した際、

「え? 早かったね!」

 

そうなのか~、とは思いはしたものの、帰宅して、心からのびのびできる喜びに勝るものはありません!

 

 

ちなみに、その住居は、郊外ではありますが、駅チカ(徒歩1分!)のオートロック付き賃貸マンション5階建ての最上階という好立地! 1Kではありますが、それなりに広さもあり……23㎡超えくらいだったかな?

 

まあ、おひとりさまとしては十分だった訳です。そして、心づもりとしては

(これから少しずつお金を貯めて……)などと思っていた訳です。

 

ともあれ、いまの住居にふたりは無理、何よりキッチンが小さくて、まともに料理ができない。

 

これ、自分ひとりなら良いのですが

20代男子の食事を賄うのは如何ともし難く……

 

加えて、よんどころない事情で、猫が付いてくる……

いまの住居はペットNG。

 

という訳で、早急にペット可の物件を探す事態となったのです。

 

 

ところで、五十路女性、パート勤務の身です。

そんなに世間は甘くありません。

 

1件目の不動産屋さんには、殆ど相手にされませんでした(笑)

 

 

不動産屋さんもさまざまなのでしょうが、ともかくもローンなど論外です。

賃貸でも良いのですが、収入的に条件に見合う物件を探すのは至難の業……

 

もともと住んでいたマンションに末っ子が戻れば良い、というところなのですが、父親が何とも子どもでして、同居すると父親の世話に明け暮れることになるのは必至!

 

お恥ずかしい話ですが、父親としての自覚の望めない人なのです。

 

という次第で「親父と一緒はムリ!」

 

この末っ子の宣言を受け

「じゃあ何とかしとくから……」と言ってはみたものの……

 

 

末っ子が同居するにしても、1年限定、その前に就職が決まれば、即出ていく運びになるのですから、よくよく考えてみれば、甚だ不経済……!

 

ですが、それでも、父親との同居は、選択肢には存在しないのです。

 

同居できるくらいなら、はじめから自分も別居はしていません(笑)

 

 

そんなこんなで、選択肢としては、

いま父親のいるマンションを一年間明け渡してもらう

 

――そもそも、この父親の実家が横浜市内の住宅地(約80坪)にあるのですよ。

家主である義母は存命ですが、高齢に加え、持病を抱えていることもあって、いまは施設で暮らしている為、無人状態。家を大事にするということからも、いまの勤め先にも不便な場所ではなし、そちらに移ってくれるのが、一番効率的なのです。

 

ところが、「俺はここを動かん!」

 

 

ここ、というのは、かつて家族4人が暮らし、いまは父親(旦那)だけがいるマンション。そのマンションにしたって、そもそも私が不動産屋さんにあたって紹介してもらったもの。築10年ほどでしたが、前に入居された方が、内装を手入れし、その3年後ということで、中古らしくない綺麗なものでした。

 

そのマンションを購入したのも、父親(旦那)が50歳の頃、長年の社宅暮らしが不景気の折もあって、急遽全額負担を迫られた、ということに端を発しております。

 

それまでは、というと、60㎡に満たない3DK、社宅扱いで家賃が浮くから、という父親(旦那)のもと、狭いながらも楽しい(?)我が家だったのですが……

 

何しろ、その家賃、月13万円也を、いきなり自己負担せよ、というのですから……⁉

 

しかも、バブル真っ只中の、お高い家賃が据え置かれているという……‼

 

 

いやいや、無理です! 

しかも、ときを同じくして、外勤だった父親(旦那)が、内勤になったことで、外勤手当、月30000円がカットされるという……

 

もう、どこからどう見ても、非情事態でしかありません‼

 

 

大急ぎで周囲の物件をあたったところ、借りるより買った方が安いらしいことが判明。

そして、よくよく考えてみれば、横浜の実家がある、と義父には言われましたが、どうやら弟さん(旦那はふたり兄弟)がそちらを狙っている様子……

 

何しろ、旦那は経済観念のない人ですので、おそらく、弟さんにいいようにされてしまう懼れが大きい……

 

正直なところ、私自身も、どちらかというと、そういう面は疎い方なのですが……

 

お話が逸れました! 

 

 

さて、運よく、希望に叶う、中古物件に出会ったのです。

 

 

価格的にも非常に手頃だったのですが、当時分譲中だった「新築マンションの方がいい!」と言い張っていたのは、父親(旦那のこと)の方。

 

その新築、ローン審査は大丈夫とは言われました。が、審査に通ることと、実際に支払いながら生活できるのかは、まったく別のこと……! 

月々のローン支払額は倍くらいの違いがあったと思います。

 

節約など考えたこともない、という旦那でしたし、当時大学生ひとり、高校生二人を抱える状態の我が家……

 

絶対無理!! と判断した自分が、このときばかりは本当に強硬にことを運び、現在のマンション購入を進めました。

いえ、実際の事務手続き的なことは、自分ではまったくできない旦那でしたので、私自身が行動すれば、それに否やは唱えられない、というところかな?

 

 

その後も旦那は「新築が良かった」とかなりの間ボヤいておりました。

 

というのに、いつの間に、そんなに気に入ってしまったのか……!

 

 

強制的に旦那の荷物ごと引っ越させてしまおうか、という案も、子どもたちとの家族会議で出たのですが、流石にそこまでは…… 

 

 

もともと親の不仲が招いていることですし、

母が何とかするよ、と請け合ったものの……

 

 

女性でもバリバリ働いている方ならともかく……

 

五十路女性、シングル、パート勤務、これという資産もなし……

 

確かに、これじゃ自分が不動産屋であっても、相手にしないだろうなぁ(笑)

 

 

こうなったら、もう残る手段はひとつ。

 

離婚による財産分与。

 

かくして、この交渉に挑むこととなったのです。

 

 

一昨日のランチ♪ ちと贅沢をしました(笑)

f:id:kan201803:20190312185412j:plain

f:id:kan201803:20190312185429p:plain

日本橋三越『イータリー』さんのイートイン✨

日曜ということもあって、順番待ちしました。

ランチプレートです。

スパゲティはハーフサイズですが、十分お腹膨れました♪

<